みんなの反応|「麒麟がくる」でも再燃した“架空キャラ問題” 大河ドラマの創作はなぜ批判されるのか|評価 評判 意見 感想まとめ(17件)

文春オンライン配信の『「麒麟がくる」でも再燃した“架空キャラ問題” 大河ドラマの創作はなぜ批判されるのか』に関する世の中の反応や意見、感想、評価や評判をSNSやネットの書き込み、口コミから忖度なしにまとめ!
【更新日2021/07/29 投稿日2021/02/06 - 投稿数17点(Twitter:17件)】

どんなニュース?

 明智光秀(長谷川博己)を主役にした大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)が2月7日(日)に最終回を迎える。クライマックスは光秀、最大の見せ場〈本能寺の変〉。その最終回に秀吉(佐々木蔵之介)の家臣・黒田官兵衛(濱田岳)も登場すると発表された。官兵衛は本能寺の変のあと秀吉が光秀を追いつめる〈山崎の戦い〉で活躍する。 

引用元:http://bunshun.jp
配信メディア :

このニュースに対する世の中の反応 感想 評価

itemTitle
  itemTitle
出典:{{ quote.site_domain }}
{{ itemMark }}
トピック{{ topic.title }}

関連トピック

このページに投稿する