みんなの反応|<麒麟がくる>光秀と信長の「不思議な友情物語」終幕 「太平記」から30年…脚本・池端俊策「歴史は繰り返す」|評価 評判 意見 感想まとめ(40件)

MANTANWEB配信の『<麒麟がくる>光秀と信長の「不思議な友情物語」終幕 「太平記」から30年…脚本・池端俊策「歴史は繰り返す」』に関する世の中の反応や意見、感想、評価や評判をSNSやネットの書き込み、口コミから忖度なしにまとめ!
【更新日2021/07/24 投稿日2021/02/08 - 投稿数40点(Twitter:40件)】

どんなニュース?

 俳優の長谷川博己さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)最終回(第44回)「本能寺の変」が2月7日に放送され、光秀(長谷川さん)と信長(染谷将太さん)の「不思議な友情物語」が終幕した。脚本を手掛けた池端俊策さんは、「光秀は信長を殺したくて殺すわけでもなく、憎らしいから殺すわけでもありません。やむを得ず、自分の親友を殺したんです」と位置づけると、「ここまで一緒に歩いてきて、一緒に夢を語った相手を殺すのはつらいですから、本能寺で信長を殺しても『やった!』という快感ではなく、悲しさがありますし、大きな夢を持った人間は、やはり大きな犠牲を払わなければならない。その心の痛みを描きました」と振り返った。

引用元:https://mantan-web.jp/
配信メディア :
MANTANWEB   

このニュースに対する世の中の反応 感想 評価

itemTitle
  itemTitle
出典:{{ quote.site_domain }}
{{ itemMark }}
トピック{{ topic.title }}

関連トピック

このページに投稿する