コロナ禍で見直された紙の本、販売額の減少幅が縮小…「街の書店」が堅調|世の中の反応 感想 評価 評判まとめ(22件)

読売新聞オンライン配信の『コロナ禍で見直された紙の本、販売額の減少幅が縮小…「街の書店」が堅調』に関するみんなの反応や感想、評価や評判をSNSやネットの書き込み、口コミから徹底まとめ!
【更新日2021/07/24 投稿日2021/01/26 - 投稿数22点(Twitter:22件)】

どんなニュース?

 2020年の紙の書籍・雑誌の推定販売額(電子出版を除く)は前年比1・0%減の1兆2237億円だったことが25日、出版社や出版取次などで作る調査機関「出版科学研究所」の調べで分かった。コロナ禍にもかかわらず、減少幅は19年の4・3%から縮小。外出を控える生活で本の役割が見直され、街中や商店街にある「街の書店」の売り上げが堅調だったという。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/?from=yh
配信メディア :

このニュースに対する世の中の反応 感想 評価

itemTitle
  itemTitle
出典:{{ quote.site_domain }}
{{ itemMark }}
トピック{{ topic.title }}

関連トピック

このページに投稿する