【独自】東京女子医大の麻酔医2人、2歳児死亡で在宅起訴へ…異変後も鎮静剤投与止めず|世の中の反応 感想 評価 評判まとめ(10件)

読売新聞オンライン配信の『【独自】東京女子医大の麻酔医2人、2歳児死亡で在宅起訴へ…異変後も鎮静剤投与止めず』に関するみんなの反応や感想、評価や評判をSNSやネットの書き込み、口コミから徹底まとめ!
【更新日2021/08/30 投稿日2021/01/26 - 投稿数10点(Twitter:10件)】

どんなニュース?

 東京女子医大病院(東京都新宿区)で2014年2月、鎮静剤「プロポフォール」の投与を受けた男児(当時2歳)が死亡した事故で、東京地検は近く、同病院中央集中治療部(当時)の元副運営部長(61)と元研修医(39)の麻酔科医2人を業務上過失致死罪で在宅起訴する方針を固めた。地検は、この鎮静剤の長時間投与で男児に異変が生じたにもかかわらず、2人が投与を中止しなかったことなどが事故につながったとみている。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/?from=yh
配信メディア :

このニュースに対する世の中の反応 感想 評価

itemTitle
  itemTitle
出典:{{ quote.site_domain }}
{{ itemMark }}
トピック{{ topic.title }}

関連トピック

このページに投稿する