始まりは女児の声「バス来ましたよ」…失明男性通勤をサポート、バトンは10年以上に|世の中の反応 感想 評価 評判まとめ(105件)

読売新聞オンライン配信の『始まりは女児の声「バス来ましたよ」…失明男性通勤をサポート、バトンは10年以上に』に関するみんなの反応や感想、評価や評判をSNSやネットの書き込み、口コミから徹底まとめ!
【更新日2021/09/12 投稿日2021/01/26 - 投稿数105点(Twitter:105件)】

どんなニュース?

 難病で視力を失った和歌山市職員の山崎浩敬(ひろたか)さん(58)が10年以上にわたり、地元の小学生に助けられながらバス通勤を続けている。ある女子児童に声をかけられたのが始まりで、その児童の卒業後も後輩から後輩に「善意のバトン」がつながれてきた。1月、児童たちと再会した山崎さんは「温かい手で支えてもらうのがうれしかった。不安だった通勤が楽しい時間になった」と笑顔を浮かべ、児童たちも「私たちも毎朝が楽しみになりました」とにこやかに答えた。(大田魁人)

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/?from=yh
配信メディア :

このニュースに対する世の中の反応 感想 評価

itemTitle
  itemTitle
出典:{{ quote.site_domain }}
{{ itemMark }}
トピック{{ topic.title }}

関連トピック

このページに投稿する