みんなの反応|「信長を憎くて殺すわけではない」…運命のらせん階段のてっぺん「本能寺」、大河どう描く|評価 評判 意見 感想まとめ(20件)

読売新聞オンライン配信の『「信長を憎くて殺すわけではない」…運命のらせん階段のてっぺん「本能寺」、大河どう描く』に関する世の中の反応や意見、感想、評価や評判をSNSやネットの書き込み、口コミから忖度なしにまとめ!
【更新日2021/07/27 投稿日2021/02/05 - 投稿数20点(Twitter:20件)】

どんなニュース?

 NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は、残すところあと1回。ベテラン脚本家の池端俊策が手がける戦国武将・明智光秀(長谷川博己)の一代記は、7日の最終回で、一大権力者となった主君の織田信長(染谷将太)を襲撃する「本能寺の変」を描く。どんなクライマックスを迎えるのだろうか。池端に聞いた。(笹島拓哉)

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/?from=yh
配信メディア :

このニュースに対する世の中の反応 感想 評価

itemTitle
  itemTitle
出典:{{ quote.site_domain }}
{{ itemMark }}
トピック{{ topic.title }}

関連トピック

このページに投稿する