みんなの反応|「麒麟がくる」池端俊策氏が語る本能寺の変「ずっと悩んで」決定打は平蜘蛛 光秀“親友”殺した心の痛み|評価 評判 意見 感想まとめ(8件)

スポニチアネックス配信の『「麒麟がくる」池端俊策氏が語る本能寺の変「ずっと悩んで」決定打は平蜘蛛 光秀“親友”殺した心の痛み』に関する世の中の反応や意見、感想、評価や評判をSNSやネットの書き込み、口コミから忖度なしにまとめ!
【更新日2021/07/24 投稿日2021/02/06 - 投稿数8点(Twitter:8件)】

どんなニュース?

 俳優の長谷川博己(43)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)は7日、15分拡大版で最終回(第44話)。戦国最大のミステリー「本能寺の変」(天正10年、1582年)が描かれる。脚本の池端俊策氏(75)が今作最大のクライマックスの舞台裏を明かした。

引用元:http://www.sponichi.co.jp/
配信メディア :

このニュースに対する世の中の反応 感想 評価

itemTitle
  itemTitle
出典:{{ quote.site_domain }}
{{ itemMark }}
トピック{{ topic.title }}

関連トピック

このページに投稿する